転職活動中お金がない貯金もないのでキャッシングを利用

転職したいけど貯金ないから転職活動ができない
生活費など費用面で不安

 

など、転職するにもお金がないとできませんよね。

 

今回は、転職したいと思い貯金なしでキャッシングで借入してから転職活動をして無事に正社員になった方の体験談をご紹介します。

 

むきさん
年齢:25歳
性別:男性
職業:アルバイト
利用したキャッシング:レイクALSA

 

アルバイトから正社員に転職するのにお金がないので転職活動費用と生活費の補てんとして借りる

 

アルバイトで生計を立てていて、正社員に転職しようと考えました。しかし、アルバイトでの給料だと生活費がギリギリだったので、転職活動をする時間とお金に困りました。その時にキャッシングというものがあることを知りました。正社員に転職できれば、月々の返済もできると思ったので、転職活動に必要な費用と少し生活費の補助の分をキャッシングして借りました。どれくらい必要か分からなかったので、とりあえず上限額を50万として申請しました。

 

キャッシングの申込みをしスマホアプリで借入れする方法を選ぶ

 

申し込みはネットからやりました。必要事項を入力し、申請しました。申請をした数時間後にオペレーターの方から電話があり、入力内容に関していくつか確認されました。その電話があった次の日にメールで連絡が来て、内容は審査が通ったことでした。そのメールが来た時点でキャッシングが可能になっていました。カードで借入する方法とアプリから借入する方法があり、すぐに借入できるアプリで借入をしました。自分の口座を確認するとお金が入っていました。

 

カードローンのキャッシングサービスによってはカードで借入する方法と、スマホアプリで借入する方法が選べる所があります。

 

キャッシングのメリットは現金がすぐに借入できること

 

1番良かったと思うことは、すぐに借入ができることです。私の場合は申請をした次の日には借入できたので、すぐにお金が必要な人には良いと思います。借り方も簡単で、分からないことがあればオペレーターの方に電話すれば丁寧に教えてくれました。
また、借りた額にもよりますが月々の返済額もそんなに高くはなく、無理なく返せるような金額です。返済もカードでできたり、引き落としにできるので、簡単です。その点では一時的にお金が必要な人にも良いと思います。

 

キャッシング借入の注意点

 

いきなり大金が手元に入ってくるので、金銭感覚がおかしくならないように気をつけないといけないと思います。私は借入をし始めた頃、今までは使わなかったことにもお金を使ってしまっていました。もちろん借りた分は返さないといけないし、月々の返済額も高くなります。払えなくなってくると別の消費者金融から借りて、そこから返済するような人もいると聞きました。そうなるとどんどん返済額が増えていき、自分を苦しめるだけなので、使い方はきちんと考えた方がいいと思います。

 

口座の残高不足でカードローンの引き落としできない時

 

私は月々に決められた返済額を引き落としで払っていました。借りた額がそこまで多くなかったので、月々の返済額も少なかったです。なので、返済には困ることなく返せていました。
しかし、1度だけ口座の残高不足で引き落とされていないことがありました。その時は引き落とされていないことに気付いていなかったので、電話がくるまで気づきませんでした。電話で、引き落としができなかったので、次の日までに口座お金を入れておくように言われました。何かペナルティがあるなどは無かったです。

 

 

お金がないけど、転職をしたい。転職活動中、キャッシングで借入をして転職活動費用と、生活費の補助にあてた体験談をご紹介しました。

 

更新履歴